Veap Japan株式会社

メンタルヘルスケアが当たり前になる世の中へ

はじめての方へ

従業員のメンタルヘルス対策をしたい
法人のみなさまへ

近年、企業において従業員のメンタルヘルス対策の重要性が増しています。安全配慮義務の履行やCSRの観点、リスクマネジメントの観点からも対策が求められています。しかし、身体の不調のように目にははっきりと見えづらい従業員のメンタル不調に対処していくことに難しさを感じる企業様も多くあります。Veap Japanでは、企業様の状況に応じたメンタルヘルス対策を経営者や人事労務部門の皆様と二人三脚で考え、サポートを行なっていきます。

法人向けサービスについて

自分でセルフケアをしたい
個人のみなさまへ

「働きすぎ」をなくし「ワークライフバランス」や「多様で柔軟な働き方」を実現していこうという社会的な流れはあるものの、仕事とプライベートのバランスが取りづらい方や、人生の転機に際して心のバランスを崩してしまう方が後を絶ちません。少しの不調を感じた時にケアしていくことがすべての人に必要となっています。定期的にVeap Japanのコンサルタントとオンラインでお話しする機会を持っていただき、必要な際には医師や看護師への相談をいただきます。身近な「ホームカウンセラー」「ホームドクター」としてお気軽にお付き合いください。

個人向けサービスについて

2分でわかるVeap Japan

代表インタビュー

PHILOSOPHY

メンタルヘルスケアで大切なのは「一次予防」

働くひとの職場での心の病は年々増加傾向にあり、社会全体の大きな問題となっています。厚生労働省の平成30年度の「労働安全衛生調査」によると、現在の仕事や職業生活に関することで強いストレスとなっている事柄がある労働者の割合は58%となっており、半数以上の働く人にストレスがかかっている状況があり、職場における心のケアは重要な課題となっています。

こうした状況の中で、日本でも昨今、心のケアに対する関心が高まってきていますが、「メンタルヘルスの問題は、発生してから対処するもの」という認識はまだまだ多いのではないかと思います。しかし、メンタルヘルスケアで大事なのは「一次予防」つまり問題を未然に防ぐケアです。会社の体制としてメンタル不調者が出ないような相談体制をあらかじめ作っておくことや、管理職から部下への「ラインケア」や働く人自身の「セルフケア」を日常から行っておくことが重要です。

精神疾患は、ひとたび発症してしまうと長い治療や療養の期間がかかることも多く、個人にとっても、企業にとっても、社会全体にとっても時間的・経済的に大きな損失となります。一人ひとりの個人が社会で働いていく中で、少しでも気持ちが辛くなりそうだと感じる時には、重度の精神疾患にまで陥ってしまう前に、セーフティネットのような「専門家とのリレーション」や「社内外のネットワーク」を活かして、気持ちを楽にしてまた取り組みたいことに向き合っていただけるようにしたい。また、オンラインツールを活用することで日本中どこにいても、また海外でもシームレスにサービスを受けられるようにしたい。そうした想いを持ち、Veap Japanは創業されました。

主要メンバー紹介

お問い合わせ

EAPサービスの詳細や料金のお問い合わせ、研修のご依頼、個人の皆さまのカウンセリング(1on1)のお申し込み、その他のお問い合わせはこちらからお願いします。

Facebook

Twitter